アナグラシ

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 邦楽   Tags: Perfume  

Comment: 0  Trackback: 0

Perfume
僕はパフュームを舐めていた。
知ったのは08年だったと思う。

当時「ポリリズム」が流行っていて名前は知っていたが、「どうせアイドルだろ」とタカを括っていた。

しかし衝撃的だった。
他のアイドルグループとは一味もふた味も違う彼女たちは、僕のようなロックファンだけでなく、テクノ系、ポップファンまで巻き込み一大センセーションとなった。

それがいかに凄かったかは当時の夏フェスに行った後輩が「ヤバイスよ」と連呼していたことでも証明されていた。
それでも僕は認めたくはなかったが、いくつか動画を見て、衝撃を受ける。

いや・・・これは・・・本物だよと・・・。

驚いたのは「コンセプト」。
振り付けも作詞も作曲もそしてPVの作り手たちもすべてがパフュームの近未来的コンセプトを理解していた。
そして、それに答えるかのようなバフュームの地道なアイドルワーク。
一歩たりともアイドル路線からぶれず、決してアーティストと自ら名乗らない。
徹底したアイドル道。
アンダーグラウンドヒーローだった彼女たちがポリリズムという名曲を得て世間をアッ、と言わせたのは当然だったと言える。

当時はまだK-Popだの、AKBだのが出てくる前で(今ほど人気がないという意味)アイドルの逆襲としてその後のアイドルたちに道を開いたのはパフュームだったんじゃないか、とさえ思えるほど凄かった。

正直言えば、僕は近年のパフュームを評価していない。

最も凄かったのは3部作の頃だと思っている。
名曲乱発時代で、その最後にポリリズムがあったような気がする。

その後は安定こそしたものの、佳作を次々とだすが多少のブレもあったり、違う側面を見せたりもする。

良し悪しは措く。

僕はそういうパフュームには魅力を感じないし、タレント化したアイドルになってしまったのは残念としか言いようがない。でも彼女達のゴールが芸能界であれば、それはひとつの到達点でもあるような気がするし・・・。
個人的には徹底したアンダーグラウンドヒーローっぷりで地下の帝王となってほしかった気がする。
あの近未来的コンセプトを突き詰めて、メディアの出演を抑えてくれればなお良かったが・・・そこは欲張りすぎか。

今でもなおパフュームが評価され、人気者であり続けられる理由はなんだろう。
それは長い下積み時代を過ごしてきたからであろう。

だから凡百のアイドル達とは違うライブ感があるのかもしれない。

パフュームはライブが凄い。これは定説だから間違いないのだろう。

きっとこれからも生き残っていくアイドルのひとつだと確信している。

そんな彼女達の曲から1番好きな曲である「コンピューターシティ」をどうぞ。



よければ下のボタンをポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : 邦楽    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

zimsea

Author:zimsea
アナグラシブログではHR/HMを中心に個人的に気に入った音楽を紹介していこうと思います。よろしくお願いします。

汗かき人数
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
23616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
1683位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
広告
広告






mmo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。