アナグラシ

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 邦楽   Tags: FAIRCHILD  

Comment: 0  Trackback: 1

FAIRCHILD
タレントのYouは誰でも知っていると思うけど、元々はミュージシャンというかボーカリストだったことを知っている人はどれぐらいいるんだろうか・・・。

今日はそのYouが在籍していたFAIRCHILDです。

僕が中学生くらいの時で、もうかれこれ20年前くらいですね。

当時ダウンタウンが破竹の勢いで関東に進出してきて、「夢であえたら」で成功を収め、「ごっつえぇ感じ」をはじめるんですが、そのレギュラーにYouがでていたときは驚愕でした。

Youという人はその人の才能もあるだろうけど、とにかく才能が突出している人の後押しをメチャクチャ受けている。

フェアチャイルド時代は中心はベースの戸田さんなんですが、そこから引き上げられ、注目され、抜擢されていったと思いきや、今度はダウンタウン。

ごっつは伝説的番組になり、その中で篠原涼子と共に後年成功した人物ですね。
今ちゃんとかは4時ですよーだから抜擢されていたし・・・。

ある意味強運の持ち主だと思います。
是枝監督に抜擢されたり・・・。
浮名も結構派手ですよね、確か。。。

好みは別れるところだと思うんですが、この頃のフェアチャイルドは好きです。
良いバンドというかユニットでしたね。

この「小さな星」という曲は、当時自分でつくっていたベストセレクションテープにも入っていた曲ですね。
(関係ないかww)

ちょうどこの時期にも合いますよね。

ではフェアチャイルドで「小さな星」です、どうぞ。




よければ下のボタンをポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ : 邦楽    ジャンル : 音楽

Category: 邦楽   Tags: Perfume  

Comment: 0  Trackback: 0

Perfume
僕はパフュームを舐めていた。
知ったのは08年だったと思う。

当時「ポリリズム」が流行っていて名前は知っていたが、「どうせアイドルだろ」とタカを括っていた。

しかし衝撃的だった。
他のアイドルグループとは一味もふた味も違う彼女たちは、僕のようなロックファンだけでなく、テクノ系、ポップファンまで巻き込み一大センセーションとなった。

それがいかに凄かったかは当時の夏フェスに行った後輩が「ヤバイスよ」と連呼していたことでも証明されていた。
それでも僕は認めたくはなかったが、いくつか動画を見て、衝撃を受ける。

いや・・・これは・・・本物だよと・・・。

驚いたのは「コンセプト」。
振り付けも作詞も作曲もそしてPVの作り手たちもすべてがパフュームの近未来的コンセプトを理解していた。
そして、それに答えるかのようなバフュームの地道なアイドルワーク。
一歩たりともアイドル路線からぶれず、決してアーティストと自ら名乗らない。
徹底したアイドル道。
アンダーグラウンドヒーローだった彼女たちがポリリズムという名曲を得て世間をアッ、と言わせたのは当然だったと言える。

当時はまだK-Popだの、AKBだのが出てくる前で(今ほど人気がないという意味)アイドルの逆襲としてその後のアイドルたちに道を開いたのはパフュームだったんじゃないか、とさえ思えるほど凄かった。

正直言えば、僕は近年のパフュームを評価していない。

最も凄かったのは3部作の頃だと思っている。
名曲乱発時代で、その最後にポリリズムがあったような気がする。

その後は安定こそしたものの、佳作を次々とだすが多少のブレもあったり、違う側面を見せたりもする。

良し悪しは措く。

僕はそういうパフュームには魅力を感じないし、タレント化したアイドルになってしまったのは残念としか言いようがない。でも彼女達のゴールが芸能界であれば、それはひとつの到達点でもあるような気がするし・・・。
個人的には徹底したアンダーグラウンドヒーローっぷりで地下の帝王となってほしかった気がする。
あの近未来的コンセプトを突き詰めて、メディアの出演を抑えてくれればなお良かったが・・・そこは欲張りすぎか。

今でもなおパフュームが評価され、人気者であり続けられる理由はなんだろう。
それは長い下積み時代を過ごしてきたからであろう。

だから凡百のアイドル達とは違うライブ感があるのかもしれない。

パフュームはライブが凄い。これは定説だから間違いないのだろう。

きっとこれからも生き残っていくアイドルのひとつだと確信している。

そんな彼女達の曲から1番好きな曲である「コンピューターシティ」をどうぞ。



よければ下のボタンをポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ



テーマ : 邦楽    ジャンル : 音楽

Category: 邦楽   Tags: SUPERCAR    

Comment: 0  Trackback: 0

SUPERCAR
SUPERCARはなぜか哀愁感が漂っているんだよなぁ・・・。

なんだろう・・・。

青森出身ってのもあるのかなぁ・・・。

と言うわけでもう解散しちゃったけどSUPERCARです。

なんかね、本当にこういうバンドって大事だなと思うわけでして・・・。

実験性に富んでいるし、独特の雰囲気も持っていて本当に良いバンドだと思うんですが・・・。

なかなか同世代のくるりほどはブレイクしていなかった気がします。
※くるりも大好きなんですがww

でも唯一無二だからこそ、SUPERCARが好きなファンはいつまでもSUPERCARを好きなまんまで過ごしていくんだろうなぁって気がします。
代わりが効かないバンドってそういう意味では永遠ですね。

色々名曲があるんですけど、本当にWONDER WORDとか悩んだしSTROBOLIGHTSも惜しかったけど・・・。

個人的にもうメチャクチャ好きなこの曲にしました!
なんかね、泣けてくるし、本当にイントロからして名曲だなぁと痛感しちゃう曲です!

SUPERCARで「Lucky」どぞ!
LINK



よければ下のボタンをポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ


テーマ : 邦楽    ジャンル : 音楽

Category: 邦楽   Tags: WORLDORDER    

Comment: 0  Trackback: 0

WORLDORDER
久々に更新します^^;

なんか紅白にはKRAKや少女時代みたいなもんが内定したらしく、ますます不愉快なんですが、先日K-POP好きが述べる日本の音楽衰退論を見事に吹き飛ばす出来事が2つありました。

1つは由紀さおりが世界的に大ヒットした件。US、UKなど各国で軒並み上位にランクインしているらしい。日本で散々メディアの力を借りて流行しているように宣伝しまくっているk-pop勢は少なくとも由紀さおりより宣伝しているし事務所も力入れているし、お金もかかっているし、若くて色仕掛けもしているのに由紀さおり以下確定。
というか、世界の耳の凄さに感動した。

そしてもうひとつが須藤元気のWORLDORDERです。
世界中でリスペクトされているし、日本で売れた、というよりも海外で認められ、日本に逆輸入されてきた。
須藤元気の戦略は見事だった。
そしてWORLDORDERは想像以上に完成された音楽、エンターティナーであった。
計算され尽くされたであろうPVは様々な国々の人々が絶賛している。
そしてマイクロソフトにさえ招待される始末・・・。

どうだ。
これが日本の凄さだ。

僕が一番感動するのは、日本の腐ったメディアでは支援もロクにない数多くの才能達の頂点に彼らがいる気がしてならない。

取り上げられることが全くなくても、地道に良いことを続けている人たちがいる。
これがわが国の美徳のひとつだ。

お金はKのつく国の人たちに流れ、もしくはJのつく事務所のところが中心で、またはAのつくプロデューサーが大手を振っているバカげた音楽シーンに本当は口惜しさで溢れんばかりだろうが、じっと、自分たちの実力を証明し続けている。。。

それは由紀さおりもそうだろう。そしてWORLDORDERもそうだ。
だから誰かが、見つけてくれる。

そしてその多くは残念ながら海外だ。
国内の多くのリスナーは「テレビにでているか」or「若くて魅力的か」が優先され、実力相当には評価してくれない。
たったひとつ、彼らの耳に垣根を越えて届ける方法がある。
海外での成功。

これはもう圧倒的な力となる。

どっかの国の人たちみたいに国が支援して事務所パワーで作曲家、作詞家、振り付け師などを用意したわけではない。
自らの曲で自分たちで書き、自分たちで語る。その上で勝負している。
WORLDORDERもそうだ。
あの世界観は圧巻。柔らかいメロディーと暖かいリズム、そしてなぜか耳の中でリフレインするフレーズ。
映像もどこか温かくもありつつ、日本を意識させる世界。

僕は意外な伏兵にうれしくてたまらない気持ちでいっぱいだ。

須藤元気の才能が凄すぎて、本当に凄い人だと改めて認めた。
それはプロデュース能力もそこに含めています。

そんな彼らの映像を是非一度ご覧ください!




人気ブログランキングへ



テーマ : 邦楽    ジャンル : 音楽

Category: 邦楽   Tags: ねごと    

Comment: 0  Trackback: 0

ねごと
最初にねごとを知ったのはauのCM曲だったと思う。

良い詩を書く若手だなぁ、ぐらいの認識で、バンド名までは知らなかった。

数日後、今度は彼女達の新曲として「メルシールー」のPVを見た。
僕はそれから「カロン」を知り、「ループ」を知った。
荒削りだが才能が満ち満ちている感じがなんともいえず良かった。

音楽という土台が良くて、ルックスも抜群ではないが可愛らしかった。
そしてステージ上ではその初々しさが良い意味で良かった。
若干20歳そこそこである。

将来が楽しみなバンドだなぁと強く思った。
だからCDを買った。

演奏も、曲も荒削りだけど冒険している感じが良かった。
歌詞においては同世代でも頭ひとつ抜けて上手いんじゃないかな。
言葉選びがとにかく巧みだなぁ、という印象。

将来性を期待しつつ、その才能の片鱗を高く評価している人も多いんじゃないでしょうか。

こういうバンドが売れる世の中であってほしいな、とつくづく思います。

ねごと 「カロン」




人気ブログランキングへ


テーマ : 邦楽    ジャンル : 音楽

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

zimsea

Author:zimsea
アナグラシブログではHR/HMを中心に個人的に気に入った音楽を紹介していこうと思います。よろしくお願いします。

汗かき人数
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
23616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
1683位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
広告
広告






mmo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。