アナグラシ

Category: スポンサー広告   Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: イベント > 沖縄特集   Tags: ORENGE  RANGE  

Comment: 0  Trackback: 2

ORENGE RANGE
はいさい。

沖縄特集ですね~、あきさみよい。

今日はオレンジレンジです。

まぁねーオレンジレンジは下手に売れちゃって自分たちでも方向性を見失っちゃったのかなーとか思うんですが、それでもそのポップセンスは高く評価していいと思うんです。

なんでそういうこと言うかというと、山嵐とかヌンチャクとかと一緒にミクスチャー系の中で育成されるべきバンドだった気がします。本当は。

だけど何をどう間違ったのか、あれよあれよと売れちゃって、そして数年であれよあれよと見なくなりましたね。

やっぱりパクりの影響はデカかったのかなぁ・・・。

うーーん・・・才能がない、パクり専門じゃないとは思うんです。
随所に才能の片鱗も見られるから・・・。
だけど、やっぱり自分が知りえる範囲内でもいいから、少しでも、これ似ているんじゃないか、と思ったら却下すべきだったんですね。

その辺を曖昧にしちゃったのかなー、よくわかんないけど。

ただね、パクりを認めたんだから、認めた以降の曲はもうガチ勝負だと思うんですよ。
でも世間はもう悪い印象を持っているのかもなー。

今でもミュージシャンライフを続けているのなら、どうか、そのポップセンスを開花させて、地道に活動していってほしいな、と思います。

そのメロディを産み出す才能の片鱗を出した曲ですね。
「花」です。

どうぞ。



よければ下のボタンをポチッとお願いします!

人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

テーマ : 邦楽    ジャンル : 音楽

Category: イベント > 沖縄特集   Tags: 嘉手刈林昌    

Comment: 0  Trackback: 0

嘉手刈林昌
日曜日は沖縄特集ww

沖縄といえば紫やらフィンガー5やら最近ではモンパチから大和君までもう色々な才能が輩出していますよね。

それは何も沖縄にアクターズスクールがあるとか、クラブが人気あるとか、そういうことじゃないんですね。

ルーツを大事にしている、というところなんですよ。

沖縄民謡を非常に大事にしつつ、生活にも非常に近い。

ここをわからないと、わかんない。

クラブミュージックもロックもそれこそポップも色々あるんだけど、その中に歴然と民謡歌手がいる。
ちゃんと需要がある。

そして若手ミュージシャンのほとんどがルーツに帰る。

これこそが沖縄の強みなんですね。

そんな沖縄ミュージックのルーツを探るべく登川誠人とか色々考えたんですが、個人的に大好きな嘉手刈林昌を見て欲しいなと思い、チョイスしました。

唐船ドーイです。

カチャーシーを踊るときの代名詞的な曲だと思います。

とにかく渋い・・・僕の中ではこれもまた『ロック』だと思うんですよ。

こういう音楽を評価できる土壌が日本の音楽シーンにあれば、Kの国の音楽のケツ振りダンスが凄いとかバカな話にはならないと思うんです。

この動画はもう大好きで、何度も見ていて、この動画を紹介したいがために沖縄特集を組んでいる、といっても過言ではありませんww

では、嘉手刈林昌の唐船ドーイをどうぞ!




人気ブログランキングへ


テーマ : 心に沁みる曲    ジャンル : 音楽

Category: イベント > 沖縄特集   Tags: モンゴル800  

Comment: 0  Trackback: 0

MONGOL800
毎週日曜日はイベントでテーマに沿って曲を紹介します。

今日から3ヶ月は「沖縄特集」です。

その第一弾は誰にするか色々考えましたが、モンパチですww

モンパチを知るきっかけは沖縄に住んでいた弟だったと思います。

当時沖縄で絶大な人気を誇っていたモンパチはアルバムが沖縄県内でドリカムやマライヤキャリーより売れていて圧倒的存在感だったそうです。

弟の車でモンパチを初めて聴いた感想は「まんまハイスタやんけ!」でしたww

「don't worry be happy」辺りですね。

まぁ当時はメロコア勢が物凄くて、スカコアのスネイルランプとかもいてまぁ盛り上がっていたわけです。

そんな中、沖縄から新たに出てきたのがモンパチだったと思います。

当時はそんなに全国区ではなくて、CMで「あなたに」が使われてから話題になったと思います。

最近では誰でも「小さな恋の歌」は知ってますが、当時は「あなたに」の方が知られてました。

メロコアでありながら「琉球哀歌」など沖縄への想いも滲ませるバンドです。

彼らの歌声とそのストレートな歌詞からファンも多いのでは?
あれだけストレートでも意外と言葉選びはしっかりしているからこそ、臭みがなく、少年のような暖かさがあるんだと思います。

僕も大好きな曲で「小さな恋の歌」です。



人気ブログランキングへ


テーマ : 洋楽ロック    ジャンル : 音楽

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

zimsea

Author:zimsea
アナグラシブログではHR/HMを中心に個人的に気に入った音楽を紹介していこうと思います。よろしくお願いします。

汗かき人数
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
23616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
1683位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキング
広告
広告






mmo

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。